一人一年金の原則

看護師 40代や50代でうつ病を発症するケースは最も多く、65歳を迎えるまでに完治していないというケースもよくあります。もし、老齢年金と障害年金の併給を考えたり、あらゆる請求方法を検討したいのであれば、65歳までに申請を済ませておくことが大事です。

詳しく見る

心の病でも利用できる

カウンセリング 疾病などで仕事ができず、収入が途絶えた人を支援するのが障害年金ですから、うつ病で働けない時も生活費の確保を目的として利用できます。障害年金は、初診日の段階で年金に加入しており、保険料を一定以上納付済みで、かつ65才未満なのが受給基準です。

詳しく見る

不支給でも諦めない

院内 うつ病で障害年金の審査請求がだめだったとしても、再度審査官に審査をお願いしたり、裁定請求をすればまだまだ望みはあります。ですが、できる限り、一回目の請求で成功できるよう、準備をしっかりと行いましょう。

詳しく見る

支援制度の利用方法

ハートと聴診器 病気になって困った時に使える障害年金は、うつ病の方でも利用できる制度で生活費を得られるので評価されています。制度を使う時は仕事ができる方だと認められづらいですが、書類の書き方などを工夫すれば上手く行く場合もあります。

詳しく見る

当然の権利の一つ

男性

仕組みや請求の仕方を知ろう

障害年金は、公的年金制度の一つです。日本の年金制度の世界では、一人一年金という原則があります。たとえば、夫を亡くした妻が遺族年金を受給していて、その妻が障害を負った場合、障害年金と併給できるわけではなく、どちらかを選択することになります。ただし、これは65歳までの規定ですので、それ以上の人は、併給が可能です。近年、高齢者のうつ病も増加しておりますので、併給の可能性も知っておくといいでしょう。また、年金といえば、高齢になってから受け取る老齢年金を真っ先に考え、障害年金などは自分とは縁遠いもの、良く知らないという人も多いです。障害年金は、一定の要件を満たせば、精神疾患も含め、ほとんどの病気が対象です。手足の障害やとても重くて大変な状態の人だけのものと認識されていますが、意外と身近な社会保障制度です。特に、精神障害においては、うつ病やうつ状態を含む双極性障害などの気分障害をはじめ、さまざまなものが該当します。しかし、まだまだ存在を知らない人は多く、適性受給できる人ですらも請求していないことがほとんどです。公的年金は、請求しなければ受け取れません。経済的、精神的支えにもなる障害年金は、本人だけでなく、心配している家族にとっても大切なものになります。
障害年金の請求の仕方には、いくつかパターンがありますが、特に要件にも問題がない場合には、本来請求という形をとります。これは、うつ病で初めて医師に診察してもらった初診日から1年6か月後に通院し、障害認定日後3か月以内の診断書を用意して、障害認定日から1年以内に請求する方法です。たとえば、20歳以上の人で、平成24年10月1日が初診日の場合、1年6か月後の平成26年4月1日が障害認定日になります。その日から、3か月以内に受診し、平成26年4月1日から平成26年6月30日までのいずれかの日付で診断書を書いてもらいます。加えて障害認定日から1年以内に請求する必要があるため、平成27年の4月1日以前に請求する必要性があるということです。障害年金の支給は、障害認定日の翌月から発生します。これが本来請求の概要ですが、実際に、本来請求をする人は少ないです。うつ病治療中の人の頭の中に、初診日から1年6か月経過したので、受診して診断書を書いてもらおうという考えを持っている人が、そもそもそういないからです。しかし、知識として知っておけば、いつの間にか何年も経過して、初診日を特定するのが難しくなったり、初診の時点の主治医が移動してしまう、医療機関が閉業したなどの問題を避けることができます。要件を満たしていれば、1年6か月後には受給権が発生していますので、活用する道も検討することが大事です。

Copyright© 2019 公的年金の一つであり障害という言葉に恐れる必要はない All Rights Reserved.